繭久里カフェの定食について

繭久里カフェでは、旬の漢方農法米定食を提供しています。

繭久里の定食は

・漢方農法米のごはん
・地域産無農薬大豆による味噌汁
・小鉢
・三点盛り
・主菜

がセットになっています。(卵かけごはん定食は三点盛りがついてません。)

お米はこの繭久里カフェの所在する農場を運営する誠農社さんが、夏の暑い中で雑草を取り、完全無農薬に拘ってつくった漢方農法米。
味噌も誠農社さんや、地域の協力者の方が作った完全無農薬の大豆を、余計なものを混ぜないで自分たちで作ったものを使っています。
小鉢や三点盛りも、出来る限り旬の野菜を取りいれ手作りで作ったものを提供しようと日々頑張っています。
主菜は定番の香り豚の生姜焼き、おぼろ卵のオムレツの他、日替わりで数品用意しています。食材は地域の良いものを取り入れています。

20170326_050552097_iOS
写真は地域情報誌「とねじん」3月号表紙も飾った日替わり定食「野菜たっぷり 香り豚を添えて」です。

農場にあるカフェとして、豊富で新鮮な野菜を食べてもらおうという事で作り上げた一品です。
ドレッシングもカフェの中で作ったもので、余計なものを加えないようにするために、少量ずつ作っています。

繭久里カフェでは、皆様に美味しい、安心な食事をお届けしたいと、日々頑張っておりますので、いつでも気軽に訪れて頂ければと思います。