漢方よもぎ茶 ~自然の植物の力を借りて

自然の植物の力を借りて

確実に春に近づいていっているだなと感じられる日が増えてきて、熱々の飲み物が恋しく感じる日が続いていましたが、日によっては冷えた物が、美味しく感じるようにもなってきましたね。

肌寒く感じる日もまだまだありますが、季節が変わっていくにつれて、身体の不調や悩みなども、少なからず出てくることと思います。

寒い時期は体温が下がると、どうしても血行が滞りやすくなってしまうため、身体の特に末端の冷えがひどいという方が多く、できる限りの厚着をしたり、冷やさないよう努力をしたりしていても、なかなか温まりにくいという人が多いです。

また身体がずっと血行不良の状態でいると、肩こりや腰痛などの症状だけでなく
あらゆる不調を起こしやすくなってしまうので、身体が「冷えたままの状態」でいるということは、「何らかの不調が起きやすい状態」であるということでもあるのです。

そして冬から春にかけてのこれからの季節には、花粉症や肌のトラブル(乾燥やかゆみや荒れ)などの症状が気になるという方が、男女問わず多くなってきます。

冷えは不調のもと

私自身も思いつくことはやってみていても、やはり冬は冷えが一番気になり、また毎年これからの時期には、かゆみや荒れといった、肌トラブルに悩んでいました。

性別や測定する時間はもちろん、年齢や測り方などにもよりますが、
人が健康体でいられる平均体温は36.5~37.2°と言われているのに対し、日本人の体温は年々下がっていっていると言われています。

いわゆる低体温と呼ばれる状態が問題であることはなんとなく知ってはいても、私はあまり気にして測定したことがなかったのですが、気になる症状が続いていたり、身体が不調だと感じる時は、確かに36.5°も体温はなかったのです。

この体温が36.5°以下の状態が続くと、「何かしらの症状」が身体に現れたり、
「不調に感じること」が多くなるのとは逆に、37.0°以上の体温が続くようになると、身体の中は免疫のつきやすい状態へとなっていって、体内へ入ってきたウイルスなどのあらゆる異物と、細胞たちが戦いやすい状態へとなっていくのです。

私自身もその一人でしたが、その「低体温で不調が起きやすい状態」が
日常的な普通のことになってしまっていると、もはや身体に良くないことが起きることも割と普通になってしまっていて、もっと言えばそれらを、「症状や不調」だとも感じなくなってしまっているのです。

免疫のつきやすい身体

体温のことについて深く触れるのは、「すべての不調は体温を上げることで良くなる」と
昔から言われているほど大切なもので、身体の状態が何かいつもと違うなと感じる時には、とにかく「身体を温める」ということを、昔の人はしてきていたからなのです。

また先に述べた「何かしらの症状や不調」とは、人によって本当に様々なのですが、
例えば頭痛やだるさや不眠や風邪などといった、「直接目には見えないかたち」で現れたり、または肌のかゆみや湿疹や蕁麻疹や何かのアレルギーなどのように、「目に見えて現れてくるもの」もあります。

すなわち体温の高い状態の「免疫がつきやすい身体」というのは、これらの何らかの症状や不調といった、あらゆるトラブルにも対応しやすくなっているので、菌や様々なウイルスなどの異物をはじめ、人によっては異物に感じる、アレルギー物質が体内に入ってきても、うまく外へ出そうと(排出しやすく)してくれるのです。

ちなみに花粉症の原因である花粉が、何事もないように体外へ出せている人と、そうでない人がいるのはこのことからも言えるのです。

もちろん症状は人によって違いますし、症状の具合などによっては薬や病院を頼らざるを得ないこともあると思いますが、先に述べた「すべての不調は体温を上げることで良くなる」という言葉から考えると、
まずは「しっかりと身体を温めて」、「免疫を高めて細胞たちを強くしておくこと」、そうすればあらゆる症状の予防には、少なからずなると考えられるのです。

自然の力を借りる

「身体を温める」という言葉だけ聞くと、割と簡単そうに感じるか、または難しく感じるかわかりませんが、何か特別なことをするというよりも、「自然の力を借りて自分の力を信じる」ということが、一番良いのではと私は思うのです。

「自然の力を借りる」とは、今のように様々な薬が開発されていない頃、昔の人は薬草などの植物を飲用したり塗ったりして、それが持つ効能などの力を借りていたこと、そして誰しもがもともと持っている、身体を修復しようとする力=自然治癒力を高めて、「自分の(良くしよう、治そうとする)力を信じる」ことです。

では具体的にどのように薬草などの植物から、自然治癒力を高めことはできるのか?

にんじんやごぼうなどの根菜類や生姜、調味料でいうと塩や醤油や味噌などの「陽性の食べ物」を指しますが、しかしそれらは口から入り、消化・吸収されて血液となった後、身体の中心はもちろん、
手足などの末端に届くまでにとても時間がかかってしまうため、普段の食事に取り入れる分にはいいのですが、「即効性」となると期待をすることはできません。

そこで最も手っ取り早く、身体をしっかりと温めるためにできることというと、
ただ温かいものというのではなく、「身体を温める効能」のある、「植物(薬草)を使った飲み物を飲むこと」なのです。

漢方「ヨモギ茶」の効能

これは口にするどんなものにも言えることですが、風味や口当たりが良いということだけでなく、「身体にどんな効果(効能)があるもの」なのか、「身体をどう良くしてくれるものなのか」で選ぶことが、
今後の身体を作っていくうえで知っておきたい、大きなポイントなのです。

植物にはそれぞれ様々な効果や効能がありますが、まずヨモギの葉はお茶にすると、思っている以上にとても飲みやすいのに、身体を温める効果の他に、血液を解毒して浄化する力が大きく、血の巡りを良くする効果などがあります。

また解毒=血液がきれいになるということは、腸や肝臓などの臓器も健康になるので、肌の炎症などをも良くしてくれます。

野草の生命力を得るのが漢方茶

ヨモギ茶に使われるヨモギの葉は、昔から身体の深部を温めるための
お灸にもモグサとして使われているので、ヨモギ=冷えを取る薬草の代表、また「万病の薬」とも言われているほど、薬効の大きい野草なのです。

ちなみにカフェで扱っている、タキザワ漢方のヨモギ茶にはハトムギも含まれていて、
ハトムギは体内の毒素を外に出す力があるため、老廃物や水分を外に出してむくみを取るなど、肌の外側や胃を強くする力もあるのです。

また同じ漢方シリーズの甜茶は、これからの時期に嬉しい、花粉症などの「アレルギー対策として注目されているポリフェノール」を多く含む、
甘くてとても飲みやすいノンカフェインのお茶です。

ちなみに漢方茶とは、漢方の考えに基き体質や体調に合わせて、数種類の生薬や薬草などをブレンドした、健康茶のことを言います。

漢方や薬草などと聞くと、どちらかというと、喜んで飲みたい、という気持ちにはあまりなれないのかもしれませんが、少し苦みのある薬草でも、飲みやすい薬草とバランスよくブレンドされているので、想像されている以上にとても飲みやすいです。

身体を良くしてくれる(薬草)野草は、自然の中に自生するため、生命力と持っているその力がとても大きく、弱った身体を優しく包み込んでくれます。

自然の力を借りて、身体の内側の深部から、
もっと言うと細胞や血液レベルから、「身体の根本を良くしていくこと」をしていきませんか?

writer : cucuri staff